生活介護え笑み
生活介護え笑み
放課後等デイサービスえ笑み
放課後等デイサービスえ笑み
障がい者相談支援センターいまここ
障がい者相談支援センターいまここ
就労継続支援B型エスプリ
就労継続支援B型エスプリ
グループホーム ラファミド八王子
グループホーム ラファミド八王子
グループホーム サクレ江戸川
グループホーム サクレ江戸川
就労継続支援B型エスプリドゥ
就労継続支援B型エスプリドゥ
NPO法人エスエスエス                           公式FACEBOOK
NPO法人エスエスエス                           公式FACEBOOK

あきる野市地域自立支援協議会全体研修

↑ あきる野市 中央公民館 ↑

 

 

 

 

9月15日にあきる野市の中央公民館で「障がいのある方の意思決定支援」の研修に参加致しました。

 

 

講師の沖倉智美さんの話がとても面白く、上手に伝えてくれるので、2時間の講演でしたがもっと話を聞きたいと思いました。

 

 

何故、面白いと感じたのかというと沖倉さんの話し上手という部分と、発想が新しいという部分。

沖倉さんの仕事内容で施設モニター活動を行っていると記載があり、活動内容を聴いていると、障がい者施設で沖倉さん自身がショートステイを行い入所するとの事!!

 

 

施設のサービスを自ら体感してじゃないとリアルな感想を伝えられないとの事で20年程前からこの活動を続けているとの事でした。思いついても中々実行は難しいので、自己紹介のこの時点で興味を惹かれました。

 

 

 

↓講演内容についての私の感想です。↓

 

 

意思決定の定義を改めて考えさせられ、その意思決定に対しての支援をどう行えるかが大切だと感じました。やはりその為には自身のコミュニケーション能力と、常に利用者様が意思決定の時に一緒にいるかを確認することが大事。

 

 

日々の中では利用者様に確認しているのに、何か大きな事(例えば、施設からグループホームに移る)があると確認を怠り支援員が意思決定をしている事が多い・・・。

 

 

これからは区切りごとに、後ろを振返り利用者様の意思がそこにあるかを確認したいと感じました。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
社会福祉法人SHIP グループホームと友も